英語のリスニング勉強【おすすめのイヤホン5選】

英語のリスニングを効率良く学習したいですよね。日頃から生活音が気になってしまったり、外部の音がストレスになってしまい集中できないこともあるでしょう。

そんな時は、イヤホンを積極的に活用しましょう。

今回の記事では、リスニング勉強に使って欲しい、おすすめのイヤホンを紹介したいと思います。

リスニングにすごく適した、イヤホンが見つかりますよ!

最初に、イヤホンを選ぶポイントに関して説明していきます。

リスニング勉強用イヤホンを選ぶポイント

リスニング勉強をするにあたって、イヤホン機能のどこに重点を置くかは人によって異なります。

いくつか例をあげてみますね。

音質

音質に関しては、リスニング勉強のやり方によって異なるでしょう。

あまり音質は求めていないという方は、そこまでのイヤホンは必要ないかもしれません。

逆に、楽しむには音質も大事という人もいます。

例えば、音楽や映画を本格的に楽しみならが学習したい方は、高音質を求めるのも良いと思います。

英語は、楽しんで学習することで実力が格段にアップします。

軽さ

長時間イヤフォンをつけてのリスニングは、耳が痛くなったり疲れてしまいます。

できるだけ軽量化されたイヤホンを使用することでそのような悩みを低減できます。

Bluetooth機能

最近では、ワイヤレスイヤホンの人気が高いです。

Bluetooth機能を使えば、パソコンやスマートフォンと接続できます。

ケーブルが無いので、絡まるということは一切ないです。コードの長さを調整したり体に当たって気になるような煩わしさがありません。

注意点は、安価な商品ですと接続が不安定だったり、途切れてしまう場合があります。購入するなら品質の良いメーカーのものを選択してください。

防水、防滴性能

水がある場所や汗をかくような運動のシーンでも使えるイヤホンもあります。

お風呂やジョギング中にも学習したいという方におすすめの機能です。

ノイズキャンセリング

ノイズキャセル機能は、外部の音を遮断できる機能です。

生活音や騒音をカットできます。

外部の環境がうるさくても、この機能を使えばどこにいても集中して学習ができます。

以上の点を踏まえた上で、リスニング学習をする際に、適したイヤホンを選んでみてください。

イヤホンとヘッドホンどっちがいい?

イヤホンのように耳に入れるのが嫌だという方は、ヘッドホンとなるでしょう。

好みもあると思いますが、僕はイヤホンをおすすめしたいです。

ヘッドホンですとジョギングのようなスポーツや通勤、通学の持ち運びには適していません。

どこにいても学習ができて、すぐに取り出せるイヤホンが良いでしょう。

リスニング勉強におすすめのイヤホン5選

1.Panasonic ステレオインサイドホン RP-HJS150(有線)

コスパ最強のイヤホンです。

シンプルで好き嫌いが分かれにくく、カラーバリエーションも豊富です。

コードに柔軟性があり、絡まっても簡単に解けるので管理がしやすいです。

軽量化されているので、長時間の学習にも最適。

音質にこだわりがなければ、使いやすく学習にも便利なイヤホンと言えるでしょう。

おすすめポイント
・コスパ最強
・コードの優れた柔軟性
・絡まっても解けやすい
・超軽量
音質:★★★
遮音性:★★
防水・防滴(無し):
軽量化:★★★★★
総合評価:★★★

2.ソニー ヘッドホン一体型ウォークマン NW-WS623 防水機能(無線)

こちらは、イヤホンとウォークマンを兼ね備えた、ヘッドホン一体型ミュージックプレーヤーです。

プレーヤー内蔵なので、ジョギングやウォーキング中にスマホを持ち歩くことなく音楽を聴くことができます。

JIS防水保護等級「IPX5/8相当」の高い防水性能を搭載しています。海水(塩水)に対応しています。

JIS防塵保護等級「IP6X」にも対応しています。砂埃にも強いです。

非常に優れた防水性能なので、お風呂だけでなく、プールで泳ぎながら使用することもできます。お風呂やスポーツシーンでリスニング学習を頻繁に行っている方には、ベストな選択と言えるでしょう。

Bluetooth機能でノートパソコンやスマホと連携できるので、イヤホンとして音楽を聴くこともできます。

おすすめポイント
・最強の防水、防塵性能
・優れたフィット感
・音楽プレーヤー内蔵
・Bluetoothでスマホと連携可能
・ノイズキャンセリング機能付き
・外の音を聞こえやすくする安全機能付き
音質:★★★★
遮音性:★★★★
防水・防滴:★★★★★
軽量化:★★★
総合評価:★★★★★

3.Apple AirPods Pro(無線)

おすすめポイント
・ワイヤレスで軽量
・ノイズキャンセリング搭載
・耐汗、耐水性能
・iPhoneと簡単接続
・外の音が聞こえやすくする安全機能

iPhoneやMacを使っている方は、ぜひこちらをおすすめします。

デバイスと簡単に連携ができ、ミュージックアプリですぐに英語の勉強ができます。

ワイヤレスなので、コードがないことでタッチノイズの煩わしさがありません。

アクティブノイズキャンセリング機能搭載で、内部と外部の音を瞬時に判断して、不要な雑音を取り除いてくれます。

自宅やカフェなどの音が気になる場所でも集中して勉強ができるでしょう。

音質:★★★★
遮音性:★★★★
防水・防滴:★★
軽量化:★★★★★
総合評価:★★★★

4.JBL ENDURANCE RUN イヤホン IPX5防水(有線)

おすすめポイント
・耳掛け対応
・軽量
・防汗性能(IPX5等級)
・絡まりにくい
・耳が痛くなりにくい

有線が、好みの方はこちらもおすすめです。

スポンサーリンク

こちらのイヤホンをジョギングやウォーキングなど外出時に仕様する時は、耳掛け(SHURE掛け)にして利用することをおすすめします。

そのような方法で利用すれば、フィット感がアップしたり、コードのタッチノイズが軽減できます。

イヤホンには、マグネットがついています。くっつけて収納することでコードの絡まりを防止できます。

リモコンとマイクが付いているので、通話だけでなくSkypeやZoomを利用したオンライン英会話レッスンにも最適です。

防汗性能がついているので、雨や汗にも強い仕様となっています。

さらに、軽量なイヤホンで自宅だけでなくスポーツなど様々な用途で利用ができます。

音質:★★★
遮音性:★★★
防水・防滴:★★★★
軽量化:★★★★
総合評価:★★★★

5.Bose QuietComfort 20 ノイズキャンセリング(有線)

アップル対応」と「サムスンもしくは、アンドロイド対応」の2つの種類が販売されています。

購入時には、注意してくださいね。

おすすめポイント
・素晴らしい音質
・耳が痛くなりにくい
・耳から外れにくい
・高性能なノイズキャンセリング
・キャリングポーチ付き
・外の音が聞こえやすくする安全機能

音質が素晴らしいです。

さらに最高峰のノイズキャンセリング機能を持つイヤホンです。

ノイズキャンセリング機能が素晴らしく、外部の音をほぼ聞こえないくらいにシャットアウトしてくれます。

どんなにうるさい場所でも集中して学習に取り組めます。

これは、僕も使っていますが、過去使っていたノイズキャンセリング機能でNo.1だと思います。

音質:★★★★★
遮音性:★★★★★
防水・防滴(無し):
軽量化:★★★★
総合評価:★★★★★

リスニングがうまくいかない方へ

リスニングは、1日やってうまくいくわけではありません。

毎日、英語を聴いて上達していきます。

イヤホンをつけることで集中力をアップできます。

学習の向上を目指すためにも合理的で効率の良い勉強方法が大切となります。

1.「なんとなく聴く」はダメ
2.楽しく学習
3.英単語力を鍛える

上記の3点は、英語力をアップするために重要なポイントです。

聞き流しでなんとなく英語を聴くのではなくて、自分が楽しいと思える教材を使えば学習の進歩は早くなります。

リスニングだけでなく、英会話などでどうしても聞き取れない場合には、単語力が不足しているかもしれません。

英単語力に不安がある方は、ぜひ下の記事に書いた英単語帳で学習してみてください。

英語初心者におすすめの英単語帳【この1冊だけでOK】

きっとリスニング力がアップすると思います。

最後に

共通テスト、センター試験やTOEICでは、今までやってきたことを100%出し切りたいですよね。

日頃から集中してリスニング勉強するためにもイヤホンは必須アイテムだと思っています。

生活音や騒音がある場所での学習に支障が生じる場合もありますよね。

そんな時は、ぜひ今回紹介したおすすめのイヤホンを使ってみてください。

スポンサーリンク

コメントする