英語初心者におすすめの英単語帳【この1冊だけでOK】

英語学習をする上で、英単語の暗記は必須です。単語を知らなければ文章を読むことすらできません。日本語でも同じですが、言葉を知らなければ文章なんて読めませんよね。

これから紹介するたった1冊の英単語帳を持っていれば簡単な日常会話や文法の理解度が格段にアップできます。

英語学習者の初級の方はこれだけ持っていればOKです。

この1冊でOK!おすすめの英単語帳

英単語ターゲット1200」です。

単語だけじゃなくて、発音記号と簡単な例文が掲載されているので、便利です。

この1冊に1200語が詰まっています。

多く感じるかもしれませんが、意外と覚えられちゃいますから大丈夫。

少し多く感じるくらいの方がいいですよ。

僕の経験上、間違いないです。

最初は、これだけ覚えれば十分過ぎるほどの量です。

必ず買いましょう。

なぜ英単語帳が必要なのか?

単語を知らなければ文章や会話ができない。

まさにこれなんです。

英語学習をする上で、英単語をたくさん知っていれば英会話、文法や簡単な本を読めるようになってきます。

文章を読む時にI have a pen.という例文で動詞「have」という単語が分からなかったら致命的ですよね。

会話では、単語だけ言えば通じますが、その肝心の英単語がとっさに出ないものです。1語でも多く知っておけばかなりの強みです。

少しづつでも覚えていきましょう。

1200語で足りる?

結論から言うと初心者には、十分な内容です。

先ほど紹介した初心者向けの単語帳と言いましたが、もう少し上のレベルまで対応できます。

この単語帳とすでに皆さんが知っている単語を含めたら1500語、2000語にもなるかもしれません。「アップル」「ティー」「ケーキ」「iPhone」だって英単語ですから普段から何気なく使っている言葉も英語なんですよね。

最初の段階では、この1冊を覚えられれば心配しないで大丈夫です。

英単語の暗記で英語力が格段にアップする

当然のことですが、知っている単語は多ければ多いほどいいです。僕は、英語関連の学校に通っていたので、単語力に乏しくて苦しんでいた知人をたくさん知っています。

正直、英単語を暗記するなんて退屈でしかありませんが、結局は避けては通れません。それを乗り越えてこそ英語力が上達していきます。

暗記方法

個人差があるので、自分の覚えやすい方法でいいと思います。

僕は、書いて暗記するのは時間がかかってしまうと思ったので、見て覚える派でした。日本語の部分を隠して英単語の意味を当てるというクイズ形式です。書いた方がスペルを覚えやすいですが、それは筆記の練習問題で徐々に覚えていけば効率がいいと思います。

見て覚えるだけなら電車の中とか早朝起きて横になりながらでも勉強できるので。とにかく時間の合間にコツコツ暗記したのを今でも覚えています。

もし僕のように見て覚えるならとにかく反復が重要です。

スポンサーリンク

例えば、1ページから5ページまで完璧にできるまで何度も繰り返す。暗記できたら6ページから10ページまでというようにページ数を決めて覚えていくといいですよ。ノルマをクリアできたら1日の終わりに1ページから10ページまでを暗記できてるか復習までできたら最高です。

僕、こんなやり方で完璧に覚えることができましたが、最終的には自分に合った続けられる方法が一番いいですよ。あくまでも参考までに。

英単語を知っていて得したこと

得したことといえば、英語学習能力と理解力が劇的に向上したことです。

単語をあまり知らなかった頃には、知らない単語が出てくるたびにつまづいていました。学校の試験は、お手上げ状態。

ターゲット単語帳を全て暗記したことによって勉強中に辞書で調べるということが少なくなりました。前後の文章や単語でも判断できるようになってきました。知ってるって便利だと実感しました。

もう一つは、まだ英語を勉強し始めた頃、外国人に道を尋ねられたんです。かなり焦りましたよ。

分からないとだけ伝えようと思いましたが、自分なりに努力してジェスチャーと混ぜながら頑張りました。この時にカタカナ英語のように単語だけを言っていきました。そうしたら理解してもらえました。

恥ずかしいくらいのレベルでしたが、英単語を知っていたことで海外の人と少しだけコミュニケーションが取れたときの喜びは大きかったです。

さいごに

もちろん僕もこの英単語帳は持っています。

受験の頃、早朝に起きたらこの単語帳を1日一回、1週して登校していました。単語帳はボロボロになってました。

初心者でも英単語は、このくらい知っておくといいですよ。英検合格やTOEICのスコアアップを目指している方も持っておくべきです。

たくさんの単語を知っていれば英語学習がもっと楽しくなります。

それでは!

スポンサーリンク

コメントする