当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

高齢者で料理ができない|3食摂るための食事の工夫7選を紹介

高齢者になると、足腰が弱くなり料理ができなくなってくる方がほとんどです。

健康を維持するためには、3食少なくとも2食はしっかり食べてもらいたいですよね。美味しく食べてもらうためには、色々と考えなければいけません。

今回は、高齢者で料理ができない方に向けた、3食摂るための食事の工夫7選を紹介します。

以下の記事では、高齢者で火を使うことが不安な方へ「安心・安全」にご飯を温める方法を紹介しています。とても便利ですので、ぜひチェックしてください。

料理ができない高齢者でもご飯やおかずを安全に温める方法

スポンサーリンク

高齢者が料理するのは不安

高齢者自身が料理をするのが大変に感じていたり、ご家族も不安に感じることがありますよね。

高齢になると、立って調理することも辛くなります。筋力が低下することで転倒してしまう危険性もあります。

他にも、ガスや電気を使って調理をしますが、火の消し忘れによって、火事になるといった事例もあります。

ただ、料理をしない生活になってしまうと、家族の誰かが食事をしていることの管理をしなければいけません。

高齢者で料理ができない|3食摂るための食事の工夫7選

日々のエネルギーを摂取して、健康維持するためにも食事と水分補給が重要です。

それでは、3食取るための食事の工夫のアイデアを7選を紹介します。

この中の複数を組み合わせることで、美味しい食事ができると思います。

1.家族が作りに行く

3食しっかり食べる方法として一番いいのは、ご家族が作りに行って一緒に食べることでしょう。

別居している場合は、中々会えなかったりもします。そういった場合にも時には、一緒に過ごしてあげてください。

近年、認知症患者の増加が問題になっています。日々の会話は、高齢者の脳や記憶力にも良い影響を与えます。楽しくコミュニケーションを取りながら食事することは、お年寄りにとってすごく重要なことです。

もちろん一緒に住んでいる方は、毎日楽しく食事ができますね。

別々に暮らしていても可能であるならば、ご家族が食事を作りに行くことが高齢者にとって、3食摂るための一番おすすめの方法です。

2.炊飯器を利用する

意外と知られていないのが、炊飯器を利用することです。

冷えたご飯やおかずは、美味しく感じない人が多いです。ご高齢になると、簡単に食べられるスーパーのお惣菜やお弁当などを食べる方も少なくありません。

そこで、炊飯器が役立ちます。炊飯器は、お米を炊くことだけが用途と思われがちですが、調理家電として使われることもあります。

具材の入った炊き込みご飯を炊けるように、ご飯のほかに残り物のお肉や魚、コロッケなどのおかずも温めることが出来るので非常に便利です。

作り置きのお弁当やスーパーマーケット、コンビニなどで買ってきた、お惣菜を準備しておけばすぐに温めて食べられますね。

3.電子レンジを利用する

電子レンジもご飯を美味しく食べるのに重宝します。

ボタンを押すだけで簡単に食べ物を温めることができます。

ただ、ボタンが多いので、使い方を忘れてしまったり、温め過ぎてしまうと食べ物が焦げて食べられない状態になってしまいます。

また、歳を重ねるごとに筋力が低下するので力が弱くなってきます。

電子レンジの扉を開けるのがキツくなることや、ドアを閉める際に手を挟んでしまい怪我してしまうケースもあります。

電子レンジは、便利ですがリスクも考えると2番目で紹介した「炊飯器を利用する」方法がおすすめです。

4.宅配弁当を利用する

宅配弁当を利用することも3食、食事を摂るおすすめの方法だと言えるでしょう。

企業で詳細に研究、開発したお弁当なので、適切な塩分量、美味しさ、栄養バランスがしっかりしているものが提供されます。

我が家では、宅配弁当を定期便で利用してほぼ毎日届けられていました。

母が毎日実家に行っていましたが、どうしてもいけない時がありました。しかし、この宅配弁当が毎日届くので、食べ物がなくて困るといったことは一度もありませんでした。

宅配弁当には、ご飯やおかずが腐らないように保冷剤が入って届きます。届いた時には冷えてしまっている状態です。

そんな時に、先ほど2番目で紹介した「炊飯器を利用する」方法で温め直して、より美味しく食べる工夫をしていました。

宅配弁当は、とても便利なのでおすすめです。

5.UberEats(ウーバーイーツ)

UberEats(ウーバーイーツ)は、アメリカ企業のオンラインフード注文・配達プラットフォームです。

日本では、2016年にサービスが開始され、ここ数年で大きく話題になりました。

スマホ一つあれば、食べたいものが注文できます。毎日、温かい食べ物が食べられるのも大きなメリットです。

多くのレストランやフードチェーンが提携しているため、お肉、お寿司、パスタ、ピザ、ハンバーガーなどフードジャンルが豊富です。

店舗によっては、健康を考えた料理も提供されています。

スマートフォンの使い方が分からない方もご家族が操作してあげることで、どこにいても注文ができますね。

6.家事代行サービスを利用する

家事代行サービスは、家事を代わりに行ってくれる便利なサービスです。

料理を作ってもらうこともできます。出来立てが食べられるのも嬉しいですね。

また、ただ作ってもらうだけでなく、数日分の食事の作り置きをお願いすることも可能です。

バリエーションが豊富で、飽きないための工夫もしてくれます。

食事の他にも、食器洗いや部屋の片付け、ゴミ出しやハウスクリーニング、洗濯など様々なことを依頼できます。

利用者で家事代行サービスをもっと早く利用すればよかったという口コミも多いです。

日々の仕事と介護などでストレスを抱えてしまっている方もこうしたサービスを利用することで、負担を軽減できるでしょう。

7.ホームヘルパー(訪問介護)を利用する

ホームヘルパー(訪問介護)を利用するには、要支援または、要介護の認定が必須です。介護保険がなければ利用ができません。

ホームヘルパーを活用することで、一人暮らしの高齢者への支援となります。

日々、食事のサポートは、もちろんしてくれます。食材の買い物に行って美味しい料理を作ってくれます。

コミュニケーションも取ることをしてくれるので、高齢者に良い影響となるでしょう。

食事以外にも洗濯、移動時、入浴介助、トイレなど自分でできないことをサポートしてくれます。

ホームヘルパー(訪問介護員)は、介護職員初任者研修(または、上位資格の介護福祉士実務者研修)を修了していることが必須です。しっかりとこの過程を修了してキャリアを積んでいるプロです。

ホームヘルパーに任せることで、家族も安心ができますし、日々の負担も低減できます。自分だけで抱え込まないで、一度相談してみることをおすすめします。

個人で利用したい場合には、個人契約(介護保険外自費サービス)が必要です。自費となるので料金が高くなるので、契約前に必ず料金体系を確認しておきましょう。

最後に

今回は、高齢者で料理ができない方へ、3食摂るための食事の工夫7選を紹介しました。

毎日の食事は、身体を健康に保つための重要な役割となります。

高齢になってくると、足腰も弱くなって料理をするのも辛く感じてきます。そうした状況で家族も不安になると思います。

そうした時に、食事方法を工夫することで健康を維持ができます。

複数の方法を組み合わせることで、「美味しい食事」「楽しい食事」を可能にします。

ぜひ、検討してみてください。

スポンサーリンク

コメントする